Skip to content

SI100を備えた手動測定ステーション

$name

SI100を備えた手動測定ステーション

SI 100を使用すると、時間のかかるエラーの多い手書き測定方法が不要になります。


正確な測定値は、適切に測定された場合でも、手作業で行うと不正確に記録される可能性があります。このプロセスを自動化するアプリケーションは、人的エラーの排除に役立ちます。
多くのお客様は、一連の部品を測定し、値を表に手書きするために、ノギスを使用しています。この方法は非常に時間がかかり、送信時にエラーが発生する可能性があります。

専用ホルダーを使用することで、キャリパーをデジタルプローブに交換することができます。デジタルスプリングプッシュプローブの標準DP範囲は、当然のことながら、ゲージング業界の主力製品になっています。非常に高い解像度、優れた直線性、高いデータ速度が標準装備されています。長寿命の精密ベアリングとIP65定格により、プローブは数百万サイクルにわたって性能を維持します。

この構造をSI100と組み合わせると、測定ステーションはプッシュボタンでRS232を介してPCに値を供給し、テーブルに直接書き留めることができます。

これにより、アプリケーション全体が値をテーブルにはるかに高速に提供できるようになり、送信エラーが防止され、保存されたデータを保存および印刷する簡単なソリューションが可能になります。

大規模なアプリケーションでは、さまざまな測定に複数のプローブを並行して使用することも、1つのプローブを使用してさまざまなプリセットを切り替えることもできます。

Orbit Digital Measurementネットワークを使用して複数のセンサーを組み合わせるのは簡単で、Solartron読み出しまたはGauge Computer Softwareを使用してデータを読み取ることができるため、システム統合が簡単になります。