Skip to content

DW10Pを搭載したハードディスク

$name

DW10Pを搭載したハードディスク

ウルトラフェザータッチプローブは、小さくて繊細なハードディスクドライブの表面の3つのポイントをチェックするために使用されています


0.03Nの超低先端力により、特定のアプリケーションでは、非接触技術の代わりにソーラートロンウルトラフェザータッチプローブが使用されます。 レーザー三角測量センサーと比較して、UFTプローブは、コスト効率が高く、コンパクトで、セットアップがはるかに簡単で、より正確です。 ここでは、3つのウルトラフェザータッチプローブを使用して、小さくて繊細なハードディスクドライブ表面の3つのポイントをチェックしています。

Orbit Digital Measurementネットワークを使用して複数のセンサーを組み合わせるのは簡単で、Solartron読み出しまたはGauge Computer Softwareを使用してデータを読み取ることができるため、システム統合が簡単になります。