Skip to content

自転車部品の寸法計測にLVDTが使われています

 

ソーラトロン メトロロジーは、自転車部品の扱いにくい形状をチェックするために構築された短くて細い特殊なプローブを提供しています。 ソーラトロン製品は、ハイエンドの自転車メーカーが複雑な課題を解決するのに役立ちます。 彼らは、ブランドの優位性を維持するために、極めた性能基準を備え且つ厳しい公差を持つ部品を製造する必要があります。 自転車製造において重要な測定計測は、寸法が小さかったり、扱いにくかったりして、標準のセンサーで測定するのが難しい場合がありますが、ソーラトロンはこの問題を解決するためのさまざまなセンサーを提供できます。

デジタルディスプレイスメントセンサー – 平面度と高さ検査に優れます
デジタルショートプローブ及
DZ – 狭いスペースに設置するのに最適です
細いプローブ
– 狭いエリアに複数の測定ポイントが必要な場合に適しています
特注のミニプローブ – ボア内にフィットさせたり、他のセンサーでは測定できない狭いギャップ測定に適しています