Skip to content

メトロロジーソリューション ガラ

ウルトラフェザータッチプローブを使用したガラス寸法計測システム

 

ソーラトロンのウルトラフェザータッチプローブは、傷をつけることができないデリケートな素材や表面に使用できます。ウルトラフェザータッチプローブは、正確な測定と取り扱いに注意が必要な 自動車及び産業用ガラス向けに使用されています。

ウルトラフェザータッチプローブは、0.03Nと低い接触圧、6μmの正確度、優れたリピータビリティを備えています。 ウルトラフェザータッチプローブは工場にて校正済みで、ソーラトロンのOrbit 3ネットワークを介して、表示器やPLCPCに簡単に接続できます。

ウルトラフェザータッチプローブのもう1つの大きな利点は、複数のポイントを測定する場合に、低い接触圧のおかげでガラスが持ち上がってしまうのを防ぐことです。これは、高い接触圧のプローブでよく問題になりますがその心配はありません。