Skip to content

News



ソーラトロンは、特別なお客様のご要件を満たすよう製品を改善することに重点を置いています。 私たちは、油性および湿潤環境な機械加工プロセスにおいて品質管理モニタリングの需要が増えていることを突き止めました。 ソーラトロンは、ペンシル形プローブで水が進入する全ての箇所に防水処理する工程を追加し、完全なIP68準拠の製品をご提供できるようになりました。 これらの製品は、完全に水中に沈めた状態にし、最大1バールの内部空気圧で100%社内テストした後、お客様に出荷されます。

 




 

 



ソーラトロンのエアゲージモジュール
(AGM)を使用すると, 既存のエアゲージツールをOrbit®ネットワークに接続し、PCやPLCに簡単に出力してデータをトラッキングすることができます。又、無料のソフトウエアパックを使えば、最小/最大マスタリングを2分以内に作成することができます。




 

 

 

ソーラトロン・メトロロジーは、市場で最も短いDZセンサーを提供しています。― 測定レンジ1mm及び2mmのゲージングプローブ

高精度で再現性の高いショートボディセンサーは、自動車や航空宇宙部品の特定の複数箇所の寸法をチェックするのに最適なソリューションですが、標準のゲージングプローブのサイズが高すぎて収まらないスペースの場合があります。 例として、トランスミッションハウジングの複数の内径のチェックや、テーパー測定などがあります。






 

 

ソーラトロンメトロロジーは、狭いスペース内のあらゆる寸法を検査するため、より薄いボディプローブのフルラインナップをご提供します。 これには、高公差部品の測定に使用されている世界で唯一の直径3mmのLVDTが含まれます。

高精度で再現性の良い薄いボディプローブは、自動車や重機加工業界など複数箇所で特定の寸法をチェックするのに最適なソリューションですが、特に標準のゲージングプローブが大きすぎて収まらないスペースにおいて、狭いギャップや直径のリッジ検査ができます 。






 

</img

ソーラトロンメトロロジーは、Orbit®デジタル測定ネットワークをCC-LinkTM対応のプログラマブルロジックコントローラー(PLC)に簡単に接続できる新しいプロトコルインターフェイスモジュール(PIMの発売を発表しました。

 

CC-Link PIMは、次の機能を含みます:

  • lソーラトロンのプローブとレーザを含む最大64台のOrbitモジュールを接続
  • l10台までのモジュールに電源供給
  • lソーラトロンの無償ソフトウエアパッケージで簡単セットアップ

更に、ソーラトロンのCC-Linkプロトコルモジュールは以下のことが出来ます。

ソーラトロンのCC-Linkプロトコルインターフェイスモジュールをご購入いただけます。






 

ウルトラフェザータッチプローブを使用したガラス寸法計測システム

 

ソーラトロンのウルトラフェザータッチプローブは、傷をつけることができないデリケートな素材や表面に使用できます。ウルトラフェザータッチプローブは、正確な測定と取り扱いに注意が必要な 自動車及び産業用ガラス向けに使用されています。

ウルトラフェザータッチプローブは、0.03Nと低い接触圧、6μmの正確度、優れたリピータビリティを備えています。 ウルトラフェザータッチプローブは工場にて校正済みで、ソーラトロンのOrbit 3ネットワークを介して、表示器やPLCPCに簡単に接続できます。

ウルトラフェザータッチプローブのもう1つの大きな利点は、複数のポイントを測定する場合に、低い接触圧のおかげでガラスが持ち上がってしまうのを防ぐことです。これは、高い接触圧のプローブでよく問題になりますがその心配はありません。






 

 

ソーラトロン メトロロジーは、自転車部品の扱いにくい形状をチェックするために構築された短くて細い特殊なプローブを提供しています。 ソーラトロン製品は、ハイエンドの自転車メーカーが複雑な課題を解決するのに役立ちます。 彼らは、ブランドの優位性を維持するために、極めた性能基準を備え且つ厳しい公差を持つ部品を製造する必要があります。 自転車製造において重要な測定計測は、寸法が小さかったり、扱いにくかったりして、標準のセンサーで測定するのが難しい場合がありますが、ソーラトロンはこの問題を解決するためのさまざまなセンサーを提供できます。

デジタルディスプレイスメントセンサー – 平面度と高さ検査に優れます
デジタルショートプローブ及
DZ – 狭いスペースに設置するのに最適です
細いプローブ
– 狭いエリアに複数の測定ポイントが必要な場合に適しています
特注のミニプローブ – ボア内にフィットさせたり、他のセンサーでは測定できない狭いギャップ測定に適しています

 






 



ソーラトロンメトロロジーは、業界をリードする高精度で堅牢な設計の寸法測定製品をご提供します。

ソーラトロンメトロロジーは、センサーの設計と製造のあらゆる面を完全に管理しています。 プローブは、50年以上の設計と製造の経験を持つ英国の工場で製造されています。 最高の素材、機械加工設備、スイスのベアリングのみが使用されています。 優れた再現性と分解能を組み合わせたゲージング精度により、サブミクロンの精度が達成されました。








精密寸法測定の世界的リーダーであるソーラトロンは、ベアリング測定にいくつかのソリューションをご提供します。
 

ボールベアリングとピンベアリングの製造には、迅速で再現性がありかつ正確な品質チェックを伴った極めて高い精度のプロセスが必要です。 リニアエンコーダや非接触センサーは、再現性または測定速度の問題で測定できない場合があります。


ソーラトロン・メトロロジーは、ブロックゲージとデジタルフレクシャーをソリューションとして提供しています。

ブロックゲージの空気圧作動により、迅速で信頼性の高いロードおよびアンロードが可能で、オンラインゲージングアプリケーションに適しています。

デジタルフレクシャーは、0.1µmの分解能で毎秒最大3906回の読み取りが可能なため、ダイナミックな測定が可能です。フレクシャーゲージの大きな利点は、数百万回の高速測定が可能であることと、摩耗する部分がないため、再現性を維持できることです。ソーラトロンのユニバーサルゲージでは、深い溝のゲージングアプリケーションも問題になりません。